top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

一発屋|メジャー・デビューするも、短命に終わった懐かしいR&Bアーティスト達 - page 5

更新日:3月3日

デビュー曲にR. Kellyが参加

ATL

Calling All Girls (2003)

[Sony Music]からデビューするも、あまり話題にならずに消滅した4人組男性R&Bグループ。


R. Kellyが参加したデビュー・シングル"Calling All Girls"は、全米R&B/ヒップホップ・ソングス・チャート最高48位。

 

Alicia Keysと共演した実力派

Jimmy Cozier

She's All I Got (2001)

[RCA Records]傘下の[J Records]から2001年に発表したデビュー・アルバムには、Alicia Keysも参加。


Mike Cityが手がけたデビュー・シングル"She's All I Got"は、全米シングル・チャート最高26位を記録。

 

[Atlantic Records]が期待した実力派

Deemi

Soundtrack of My Life (2006)

父親からの虐待、麻薬、若くして母になったこれまでの経験を、人生のメッセージとして感情的に歌い上げる"Soundtrack of My Life"は、The Midi Mafiaによるプロデュース曲。


同シングルは[Atlantic Records]からリリースされるも、結局リリースが予定されていたデビュー・アルバムは未発表のままに。



LL Cool Jのレーベル第1弾アーティスト

Amyth

Tender Love (1999)

LL Cool Jが[Warner Music]との協力で立ち上げた[Rock the Bell]からの第1弾アーティスト。


'99年にデビュー・アルバム『The World is Ours』をリリースし、デビュー・シングル"1, 2, 3"は全米シングル・チャート最高59位を記録。

 

「Aaliyah, Rihannaに通ずる才能を持っている」

Aanysa

Burn Break Crash (2016)

安室奈美恵"Hello"を手がけたAanysaのマネージャーAngie Ironsが、彼女にはRihanna, Aaliyah, Beyonceに通ずる才能を持っていると絶賛。


名門レーベル[RCA Records]と契約し、ダンス・デュオSnakehipsと共同名義のシングル"Burn Break Crash"を2016年に発表するも、ヒットはこの1曲のみ。

 

Jam & Lewis, Jermaine Dupriらがプロデュース

Nodesha

That's Crazy (2003)

16歳の時に[Arista Records]と契約し、2003年にデビュー・アルバムをリリースしたNodesha。


Jam & Lewis, Jermaine Dupri, Dallas Austinらが彼女をサポートするも、残したアルバムはデビュー作の1枚のみ。

 

Comentarios


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page