• R&B SOURCE編集部

Nelly▶︎▶︎実は浮気ソング?"Dilemma"を流す際はご用心。

最終更新: 1月1日


日本人に最も愛された洋楽"Dilemma"

ラッパーのNellyと、Beyoncéと共にDestiny's Childのメンバーとして活動していたKelly Rowlandの共演曲"Dilemma"。


2001年に北米で行われた「Total Request Live Tour」にて共演したNellyとKelly Rowlandが意気投合し、"Dilemma"の制作が行われたそうです。


2002年に発表されたこの曲は、全米シングル・チャート10週連続1位という快挙を達成。


日本人に最も愛された洋楽としてもお馴染みの1曲ですね。


そんな"Dilemma"ですが、「I love you, and I need you (あなたを愛してるわ、そしてあなたが必要なの)」という冒頭の歌い出し、そしてこの甘いメロディを聴くと、最高にロマンチックなラヴ・ソングかと思いがちですが、実はこの曲は「浮気」をテーマに歌った楽曲なんです。


Nelly (ネリー)

Dilemma feat. Kelly Rowland

produced by The Nimrods

"Dilemma"は浮気ソングでした

"Dilemma"の歌詞を少し見ていきましょう。まずはNellyのパートから。


「ある女性に出会ったんだ、彼女は俺の向かいに引っ越してきた。


彼女は本当に俺のタイプだよ、でもダメなんだ。彼女には彼氏がいるんだ。


まぁ、それでもいいさ。だって俺は状況を判断しながらしっかりと攻め方を練ってる。


あっと言う間に彼女は俺のものになることは間違いなしさ。だって俺は幸せな家族を壊すような男じゃないぜ」


続いて、Kelly Rowlandが歌うコーラスのパートも見てみましょう。


「何をしていても、いつも頭に浮かぶのはあなたのこと。彼氏と一緒にいるときだって、私はあなたに夢中なの」


お互いの環境を尊重し理解しつつも抑えられない気持ちに葛藤している、そんな状況を描いた1曲という事で、曲名が「Dilemma (葛藤)」となったのでしょう。


日本では結婚式の定番曲としても使われる事が多いかと思いますが、曲の意味が分かると見方も少し変わってくるかもしれないですね。


ただラヴ・ソングである事には変わりないと思うので、細かい事は気にせずにウェディングのシーンで使うのも全く問題ないと思います。


関連記事: "Dilemma"をサンプリング/カバーするアーティスト達。

"Dilemma"のストーリーには続きがあった

実はこの"Dilemma"には続きがあり、それがNellyとKelly Rowlandが再共演して2011年に発表した"Gone"という楽曲。


「覚えてるかな、近所に住んでたあの子。昨日再会したんだ、今でも変わらず綺麗だった。


今でも恋人にしたいと思っている、一瞬だけじゃ物足りないんだ。


俺のものにしたいし、成長した自分を見せてあげたい。そして証明したいんだ、俺の代わりはいないってことをね」


Nellyの変わらない愛に対して、Kelly Rowlandはコーラス・パートで以下のように歌い上げます。


「もう一度あなたに尽くすわ、それ以上言わないで。分かってるでしょ、あなたに夢中なの。


あなたに恋してる、分かってるでしょ あなたに夢中なの」


"Dilemma"と同等のヒットとまでは至らなかったものの、"Dilemma"とあわせて聴きたいメロウな1曲ですね。


ちなみにこの"Done"、当初は"Dilemma Pt.2"というタイトル名でリリースされる予定だったそうですよ。


Nelly

Gone feat. Kelly Rowland

produced by Jim Jonsin, Rico Love



関連記事

「浮気相手が妊娠した」"Confessions, Pt.Ⅱ"は、Usherの実話だった。

▶︎TOPICS

1
2

▶︎R&B

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

About         Privacy Policy

 © 2021 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい