top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Muni Long▶︎▶︎19曲目のシングル"Hrs and Hrs"でようやくバズった、'80年代生まれの苦労人。


muni long
19曲目のシングル"Hrs and Hrs"でようやく花開いた苦労人Muni Long

2歳の頃から歌を歌い始め、歌手としての高い才能に気付いた家族は、結婚式、葬式など、特別なイベントの時に歌わせようとするものの、幼少期は人前で歌うことに抵抗を感じていたというMuni Long(マニー・ロング)。


父親が海軍に勤めていたことから、子供にとっては過度なストレスがかかる「転校」を繰り返し、そんな状況下で正常な感覚を保とうと、転校先では真っ先に演劇部や合唱部に入り、アートの世界に身を置いて心を休めていたとのこと。


学校では孤独な時間が多かったというMuni Longですが、彼女が歌えるということを知った周囲の人達は、お昼休憩の時間に彼女の元へやってきてこっちに来て歌ってとせがまれることもあったそうで、一般的な子供とは異る経験が独特な自己感覚と創造性を育み、結果的にこの青春時代の経験を力に変換したMuni Longは、その後YouTubeの登場をきっかけに自室で歌っている動画を投稿し始めたようです。


YouTubeに公開したオリジナル・ソングが徐々に人気を集め、チャンネル登録者数が30,000人にまで増え始めた頃、彼女に声をかけたのが[Capitol Records]で、あのシャイだった少女が21歳で遂にメジャー・レーベルと契約。


ちなみに、デビュー時の彼女のアーティスト名は本名のPriscilla Reneaで、2009年12月に待望のデビュー・アルバム『Jukebox』をリリース。

Soulshock & Karlin, Lil Ronnieらが制作で参加したこのアルバムは各所から高い評価を得るも、商業的には成功とは程遠い結果で終わり、華やかなデビューになるはずが一転、ここからアーティストとして苦悩の時期が続くことに。


デビュー・アルバムのリリースから約1年後の2010年10月、全英シングル・チャート1位を記録した英国のシンガーCheryl Coleの"Promise This"のソングライトを担当したことをきっかけに、Priscilla Reneaは他のアーティストに楽曲を提供するソングライターとしての活動も本格的にスタート。


2010年からソングライターとしての高い能力を遺憾無く発揮し続けたPriscilla Reneaは、これまでにRihanna, Mary J. Blige, Mariah Careyらの楽曲を手掛け、裏方としてはいきなり大成功。



2010年から2016年頃までは裏方に徹し続けてヒット曲を量産し、ソングライターとしての成功を経たPriscilla Reneaは、2017年に入ると再びアーティスト活動を再開させ、2018年にはセカンド・アルバム『Coloured』を発表するも、こちらもデビュー・アルバム同様に目立った結果を残せず。


この結果を真摯に受け止めたPriscilla Reneaは、新しい方向性を模索するために改名を決意し、2020年頃に現在のアーティスト名であるMuni Longに変更。


ちなみに、「Muni」とはフィリピン語で「深く考える、内側から見る」という意味があり、発音はお金の「Money (マニー)」と同じ発音とのことで、「Muni (マニー)」という言葉に2つの意味を持たせたとのこと。


Muni Longに改名後、Jacob LatimoreやYung Bleuらを迎えてシングルを発表し、結果的にこれらの楽曲もチャート・インするほどのヒットにはならなかったものの、ある1曲がきっかけでアーティストMuni Longの状況が一変することに。


それが2021年11月にリリースした"Hrs and Hrs"。


Hrs and Hrs

Muni Long

"Hrs and Hrs"のリリースから約1ヶ月が経過した2021年12月、この曲をTikTokに公開するや否や、瞬く間に世界中へと拡散されてバイラルヒットとなり、SNSで着火した人気がそのままチャートにも反映され、全米シングル・チャート最高16位を記録し、また全米R&Bチャートでは1位を記録。


Muni Longが"Hrs and Hrs"を発表する前、Priscilla Renea時代も含めると18曲ものシングルをリリースしてきたものの、その18曲全てがこれまでどのチャートにおいてもチャート・インしたことはなく、19曲目のシングル"Hrs and Hrs"でようやく結果にも恵まれることに。



'88年生まれのMuni Longは、21歳でアーティスト・デビューし、"Hrs and Hrs"をリリースした時の年齢は33歳と、アーティストとして大きな結果を出すまでに約12年もの歳月を絶え抜いた、遅咲きながら大成功を掴んだ苦労人。


今回は、長年に渡る苦難を乗り越えて、アーティストとしても遂に花開いたMuni Longが歌う、注目の楽曲をピックアップしてみました。

 

1. Lovesick

Priscilla Renea


2. Breakin Up

Muni Long


3. Build a Bae feat. Yung Bleu

Muni Long


4. Nuttin Like This

Muni Long


5. Sneaky Link

Muni Long


6. IMU

Muni Long



7. No Signal

Muni Long


8. Bodies

Muni Long


9. Plain Jane

Muni Long, Femme It Forward

Muni Longの関連記事




タグ:

P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page