top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Muni Long▶︎▶︎プリシア・レネイから改名して"Hrs and Hrs"がヒット。実はこの人、コ・ライターとして大量のR&Bを手がけています。

更新日:2022年4月24日


muni long
Muni Longが手がけてきた珠玉のR&Bの数々

過去の恋愛で失敗を繰り返したものの、真実の愛を諦めずに求めて出会った運命の人。


この人とだったら、どんなことでも「何時間もやれる」という愛の喜びを歌ったラブ・ソング"Hrs and Hrs"。



「何時間でも座ってあなたと話せる。


何時間でも座ってあなたを見つめていられる。


何時間でもセックスできる。


何時間でもあなたの胸に横たわれる。


何時間でもジョークを言える。


何時間でもあなたを抱きしめられる。


そして何時間も何時間も」


Muni Long

Hrs and Hrs

TikTok上でもバイラル・ヒットし、全米シングル・チャートも最高16位まで上昇した"Hrs and Hrs"で一躍注目されたMuni Long(マニー・ロング)ですが、実は彼女の音楽キャリアは長く、現在名乗っているMuni Longというアーティスト名の前は、Priscilla Reneaという名義で活動。



21歳の時に契約した[Capitol Records]から2009年にデビュー・アルバム『Jukebox』をリリースし、その後2018年頃までPriscilla Renea名義で活動するも、この時は表舞台に立つアーティストとしての才能は開花せず。


しかし、アルバム・デビュー以降にアーティスト活動と並行して彼女が力を入れていたのが、有名アーティスト達の楽曲制作で、2010年代前半からRihanna, Kelly Rowland, Mary J. Bligeといった大物R&Bアーティスト達の楽曲をコ・ライトし(複数のソングライターやプロデューサーが集まって共同で曲作りをすること)、彼女が手がけてきた楽曲は実に50曲を超える量。


今回は、"Hrs and Hrs"をヒットさせたMuni Longが、Priscilla Renea名義時代から手がけてきた珠玉のR&Bをピックアップしてみました。

 

1. Kelly Rowland

Work It Man feat. Lil Playy (2011)

songwriters: Priscilla Renea, Rodney "Darkchild" Jerkins, LaShawn "Big Shiz" Daniels, Kelly Rowland, Darrell Davidson

 

2. Rihanna

Watch n' Learn (2011)

songwriters: Priscilla Renea, Robyn Fenty, Chauncey Hollis, Alja Jackson

 

Don't Mind (2011)

songwriters: Priscilla Renea, Mary J. Blige, Duplessis

 

V.S.O.P. (2013)

writers: Priscilla Renea, Andrew Wansel, Warren Felder, Lisa Peters, William Jeffrey, Walter Boyd, Elijah Powell

 

5. Chrisette Michele

Snow (2013)

songwriters: Priscilla Renea, Warren "Oak" Felder, Andrew "Pop" Wanse

 

6. Fifth Harmony

Worth It feat. Kid Ink (2015)

songwriters: Priscilla Renea, Mikkel S. Eriksen, Tor Erik Hermansen, Ori Kaplan



7. Fantasia

When I Met You (2017)

songwriters: Priscilla Renae, Ron Feemster

 

8. Mariah Carey

A No No (2019)

writers: Priscilla Renae, Mariah Carey, Robert "Shea" Taylor, Jeff Lorber, Kimberly Jones, Christopher Wallace, Mason Betha, Camron Giles, Andreao Heard

 
Muni Longの関連記事


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page