• R&B SOURCE編集部

捨てると幸せが訪れる4つのこと

最終更新: 4月29日


捨てることが幸せ

人生って、積み上げていくイメージがありませんか?


お金や交友関係、そしてあらゆるモノなど。


積み上げて増やしていくからこそ幸せ。


私も、今まではずっとそう信じてきましたが、果たして本当にそうでしょうか。


ある日、ある出来事をキッカケにある1つのモノを思い切って捨ててみたら、今までとは全く違う世界に足を踏み入れたような気分になりました。


その日を境に、徐々に「本来の自分」を取り戻してきたような感覚を覚え、以前より少しづつ「本来の幸せ」に気が付くようになった気がします。


まだまだ自分自身にとっての「幸せ」を追い求めている途中ですが、これまでに私自身が経験した「捨てる」ことで人生が好転した事をご紹介したいと思います。


1. テレビ

テレビって本当に必要?

私が一番最初に捨てたものはテレビでした。


テレビ・ゲームが大好きだった私にとってテレビ無しの生活はこれまで考えられなかったので、捨てるときは勇気が入りました。


でも、テレビを捨ててから実感したこと。


それは「テレビが無くて困った事は一度も無い」ということ。


そして、生活からテレビが消えたことによって連鎖的に捨てられたモノが、次のことでした。

2. 常識

常識って何?

自分にとっての常識は、他人にとっての非常識。


今日の常識は、明日の非常識。


日本にとっての常識は、世界にとって非常識。


常識って何なんでしょう?


私が思う常識とは「多数派の意見」程度のものでしょうか。


ただ多くの人が信じている事であって、それが真実か否かは関係のないということ。


生活からテレビを無くしてからこのことに気が付き、逆に言えばテレビを所有していたら気が付かなかったことでした。


・1日3食しっかり食べるのが健康」

・地球は丸い

・他人に迷惑をかけないようにしなさい」

・運動は健康に良い


これらのことが真実か否かは一度置いておいて、でも大きな常識ほど誰かに聞かされたまま「それが常識」と、そのことについて自分で調べたり考えたりしたことはありませんでした。


でも、テレビを捨ててからは今まで常識とされていたことも1度疑ってみて、「果たして本当にそうだろうか?」と考えるクセがついたような気がします。


今まで「何故、他人と同じように生きられないのか」と考え、いかに周りと合わせて生きることこそが正義だと信じていた私にとって、この認識の切り替えが出来たことは非常に大きなことでした。


3. 食事

1日3食は本当に健康的?

・1日3食しっかり食べるから健康

・朝食を食べないと頭が悪くなる


子供の頃から、色々と聞かせれてきた常識でした。


でも、ある時こんなことを言われてハッとしました。


人って食べない方が健康なのかもね


いやいや、人間は身体に良い食べ物を1日3食しっかり食べてこそ健康。


食べ物が身体を作っている事は事実だし、その食を削って健康維持など有り得ない。


最初は、私自身もそう思っていました。

ですが、人間が1日3食生活になったのはつい最近のことで、昔の人は1日2食が普通だったとか。


じゃあ何で1日3食生活になったのかというと、エジソンが自らが作ったトースターを売りたいために「あなたように頭が良くなるにはどうすれば良いですか?」という質問に「1日3食しっかり食べること」と答えたのが1日3食生活の始まり。


つまり、1日3食という常識はマーケティングから出来た近代的なライフスタイルであって、それが健康かどうかは全く関連性がないのかもしれないですね。


人それぞれ体質が違うので全ての人に当てはまることではないかもしれないですが、私自身は1日1食生活を取り入れてから、身体のコンディションはもちろん、以前よりも精神的に安定した日が増えてきたという実感はあります。

4. SNS

疲れます、SNS...

SNSの登場によって、世界中の人と繋がれる便利な時代になりました。


このサイトも、もしかしたらSNSを通じて知ってくださった方も多いかもしれないですね。


しかし「SNS疲れ」という言葉の通り、SNSに依存しすぎてしまうと日常生活に支障をきたしてしまうこともしばしば。


フォロワーの数やいいねの数を気にしてしまったり、他人の人生を羨ましく思ったり、他人と比較すると劣等感を抱きやすくなり、結果的に自己否定に繋がってしまいがち。


上手く付き合いば便利な反面、使い方を誤ってしまうとストレスの温床に。


そんな私も、これまではSNSを見ては劣等感を抱き、本来感じなくても良い「自分の無力さ」を勝手に感じ、SNSを使えば使うほど虚しい状態に陥ってしまっていました。


一説には、誰かが自分の投稿にいいねを押した際に届く通知音、あの通知音が届いた際に出るドーパミンは、コカイン使用時と同じ量のドーパミンが分泌されるようで、それだけSNSには高い中毒性もあるということ。


とは言え、私もSNSを使い、その恩恵も受けています。


ですが、今はなるべくSNSと健全に付き合えるよう、意識的にSNSを見る機会を減らし、その分本を読んだりと別の時間に当てるようにしています。



関連記事

偉人の名言を見ながら聴く!落ち込んだ時に聴くと元気が出る洋楽特集。

36回の閲覧

今週の人気記事

Freak Meネタ
恩師はMJ
NJS新時代
平日予約は半額
SNSでRTの嵐
気分はリョータ
MJの隠し子?
Aaliyahネタ
90's カヴァー集
娘に捧げた曲
Show More

最新の記事

​​私達にできることは、

世界中の素晴らしい音楽を紹介する。

​ただそれだけです。

rnb source.png

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

 © 2020 rnbsource.com All Rights Reserved.