• Shintaro Nishizaki

Teddy Rileyが絶賛したLenny Haroldが、アルバム『Cosmic』をリリース。Blackstreet 2のメンバーに抜擢された逸材。


Teddy Rileyにその才能を認められ、Blackstreet 2のメンバーに抜擢されたLenny Harold。'13年末のBlackstreetの来日公演でも美しいファルセット・ヴォイスを披露して、日本のオーディエンスを虜にしました。そんなLenny Haroldの待望のニュー・アルバムが遂に完成しました。

スポンサーリンク

米ニュージャージー州出身のR&BクルーナーLenny Haroldが、アルバム『Cosmic』をリリースした。

現在の芸名であるLenny Haroldと名乗る前は、Chanjという名義でソロ活動をしていたLenny Harold。Chanj名義で米ニューヨークの老舗クラブApollo Theaterの名物イヴェント「アマチュア・ナイト」に出場し、Floetry"Say Yes"のカヴァー曲を堂々と歌い上げ見事優勝。「アマチュア・ナイト」で結果を出したことを機に米カリフォルニア州のインディーズ・レーベルと契約し、レーベルの尽力も手伝いTeddy Rileyとコネクトする。

「アマチュア・ナイト」でのパフォーマンスを絶賛したTeddy Rileyは、当初Lenny Haroldのソロ・プロジェクトを全面プロデュースする予定だったらしいが、結局このプロジェクトは頓挫。しかし、その後も良い関係を築いていた両者は、Teddy RileyがBlackstreet 2を立ち上げるタイミングで再び急接近。Teddy Rileyから直々にオファーを受け、Lenny HaroldはBlackstreet 2のメンバーに正式加入することに。

Blackstreetに関して少し補足すると、ユニットを立ち上げたTeddy RileyとChauncey Hannibalの間で溝が生じ、「Blackstreet」の名義を巡って争っており、ユニット名の権利はChancey Hannibalが保有していた為、Teddy Rileyと言えど自由にユニット名を使うことが出来ずに、結局Teddy RileyはChauncey Hannibalとの絶縁を覚悟でBlackstreet 2とユニット名を改めたという経緯。'13年に行われたBlackstreetの来日公演は、後にBlackstreet 2として活動するメンバーでの公演となったが、この時の名義はBlackstreetのままで行われた(当初、この来日公演にChauncey Hannibalも参加予定だった)。

Blackstreet 2のメンバーに正式に加入後、Lenny Haroldはレジェンド・ユニットの一員としてパフォーマンスを繰り返し世界中のオーディエンスを魅了。しかし、結局Blackstreet 2名義で発表された楽曲は、クリスマス・ソングの"I Luv Her (My Christmas Girl)"の1曲のみで終わり、Lenny Haroldもソロ活動に専念するべく、'17年にBlackstreet 2を脱退する決断を下す。

Lenny Harold曰く、本アルバムが彼のセカンド・アルバムとなるようで、デビュー作は'11年に発表した『The Journal of Wonders: Tale of The Phoenix in The Moon Labyrinth』とのこと。本アルバムのメイン・プロデューサーに、Hi-Five"I Like The Way (The Kissing Game)"のリミックスを筆頭に、Shaggy、Lil Kimらの楽曲を手がけてきたヴェテラン・コンポーザーのArmando Colonを起用。リード・トラックは、Rishi Richのリミックス・ヴァージョンも公開されたアーバン・メロウ"Lover"で、アルバムのハイライト曲は'90年代テイストのオールド・スクールなスムース・ダンサーの"Heat"。アルバム収録曲の中で特に人気の高かった正統派アーバン・トラック"More"はMVが公開済み。

海外盤と日本盤では収録曲が異なり、日本盤のみに収録される楽曲は全6曲となった。

☑️関連記事

▶︎Teddy Rileyが関与したあのR&Bグループ!お蔵入りした幻のアルバムが、全世界初の公式リリース!

R&B黄金期の'90年代にリリースされる予定だったお宝アルバムです!

#rnb #lennyharold #NRI #RCM

1,287回の閲覧

今週の人気記事

Freak Meネタ
恩師はMJ
NJS新時代
平日予約は半額
SNSでRTの嵐
気分はリョータ
MJの隠し子?
Aaliyahネタ
90's カヴァー集
娘に捧げた曲
Show More

最新の記事

​​私達にできることは、

世界中の素晴らしい音楽を紹介する。

​ただそれだけです。

rnb source.png

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

 © 2020 rnbsource.com All Rights Reserved.