top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Jam & Lewis▶︎▶︎ラルフ・トレスバントとの仕事で困ったこと。「彼は素晴らしい。ただ...」

更新日:2023年5月24日


jam & lewis ralph tresvant
Jam & LewisがRalph Tresvantとの仕事で困ったこと

New Editionのメンバーとしてサポートを受け、ソロ・デビューした後も"Sensitivity"、"Do What I Gotta Do"などのヒット曲を提供されるなど、グループ時代も、そしてソロ時代もJam & Lewisのサポートによって大成功したRalph Tresvant。


Sensitivity

Ralph Tresvant

New Editionを成功に導いたといっても過言ではない、あの甘い美声は稀代のヒットメイカーJam & Lewisをも魅了したほどでしたが、Jimmy Jamが「The Boombox」の記事に語った内容によると、Ralph Tresvantのある能力が彼らを困らせたとのこと。


Ralphは、これまでに仕事をしてきた中で最もお気に入りの1人です。


彼の才能は素晴らしいです。


そして彼は信じられないほどのスタミナを持っているから、何時間でもスタジオにいることが出来ます。


だから、彼をスタジオから追い出さなくてはいけません

Jam & Lewisにとっては、Ralph Tresvantをスタジオから追い出すという仕事が1つ増えてしまった一方、Ralph Tresvantはその超人的とも言えるスタミナのおかげで、数多くの仕事をこなしていたとのこと。


また、Ralph Tresvantのソロ・アルバムの制作は本当に楽しかったですと振り返っているJimmy Jam。


そんなJam & Lewisが制作に携わったRalph Tresvantのソロ・デビュー・アルバムは、全米アルバム・チャート最高17位を記録し、シングルカットされた4曲の内3曲はJam & Leiwsによるプロデュース曲でした。


・Sensitivity

・Do What I Gotta Do

・Rated R


Ralph Tresvant

Ralph Tresvant


Ralph Tresvantの関連記事


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page