top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Jam & Lewis▶︎▶︎「最もスタジオで仕事が速かった歌手」は2人。1人はパティ・オースティン、もう1人はあの男性R&Bシンガーでした。

更新日:2021年7月14日


スタジオで最も仕事が速かったシンガーはPatti Austin

Janet Jackson, Mariah Carey, Usher, Boyz Ⅱ Menなど、トップ・アーティスト達のヒット曲を次々と量産したJimmy JamとTerry Lewisによるプロデューサー・デュオJam & Lewis。


そんなJam & Lewisが、「Vulture」のインタビューにてスタジオで最も仕事が速かったシンガーは誰?との問いにそれはPatti Austinだと思いますと、ベテランの女性ソウル・シンガーの名前をあげています。

Patti Austinは最も完成度の高いシンガーでした。


彼女のアルバム『Gettin' Away With Murder』の内、3曲の制作を私達が担当し、この3曲の為に1日1曲のペースで3日間を割り当てました。


彼女がレコーディングにやってきた初日、この時点ではまだ曲も聴いていないのに、最初の曲の全てのボーカルをすぐに録り終え、次の曲を渡してそれも直ぐに終わらせてしまいました。


彼女は私達が歌詞を書くよりもはやく仕事を終え、リード・ボーカルも、バック・ボーカルも、彼女の全てが凄かったです。


"The Heat of Heat"は、全ての作業を2時間で終えたと思いますし、実際はそれ以上に短かったかもしれません。


彼女がQuincy Jonesの秘密兵器であることを学びました


Patti Austinの仕事の早さに舌を巻いたJam & Lewisでしたが、もう1人あまりの仕事の速さに驚いたシンガーがいたそうです。


それが、あの男性R&Bシンガーでした。


Patti Austin

The Heat of Heat

「Bobby Brownは素晴らしかった」

Jam & Lewisがスタジオで最も仕事が速いと感じたシンガーが、Patti Austinの他にもう1人いたそうです。


それが、あのBobby Brownだったとのこと。


Jam & LewisがBobby Brownのソロ曲を手がけたことはありませんでしたが(元々『Bobby Ⅱ』というアルバム名でリリース予定だったBobby Brownのアルバム『Forever』に、Jam & Lewisがプロデューサーとして参加予定だったとか)、Bobby Brownが在籍していたNew Editionの楽曲を度々手がけてきたJam & Lewis。


そんなNew Editionのアルバム『Home Again』のレコーディング時のエピソードを、Jimmy Jamは「Vulture」のインタビューにて次のように答えています。


Bobby Brownは本当に良かったです。


彼はスタジオに10分だけいて、直ぐにボーカルを録り終えました。


彼をスタジオに連れてくるには2〜3日かかりましたが、スタジオに着いたら彼は周りを釘付けにしました


New Edition

I'm Still in Love With You

実際、Bobby Brownのスタジオ・ワークは驚異的な速さだったそうですが、Jimmy Jamいわく彼は常にストリップ・クラブに行く意欲があった為に、仕事が速かったとも付け加えています。


いかにもワイルドな男Bobby Brownらしいエピソードですね。


Jam & Lewisが仕事の速さに舌を巻いたシンガーはPatti AustinとBobby Brownだったとのことですが、もう1人あの人の名前もあげていました。


Michael Jacksonを外すことは出来ません。彼は1テイクか2テイクのシンガーでした

関連記事

Komentarze


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page