Xscap3が、EP『Here For It』をリリース。Kandiは不参加で、アーティスト名は正式に変更。

人生を変える1曲を、アナタに届けたい

  • Shintaro Nishizaki

Xscap3が、EP『Here For It』をリリース。Kandiは不参加で、アーティスト名は正式に変更。


"Understanding""Who Can I Run To"などのヒットで知られるXscapeが、アーティスト名をXscap3に変更し、延期続きだったEP『Here For It』をリリースした。

Xscap3は、米ジョージア州アトランタの高校で出会った4人で結成され、メンバーはKandi Burruss、Latocha Scott、Tamika Scott、Tameka Cottle。Jermaine Dupriが立ち上げたレーベル[So So Def]の第1弾アーティストとして、'93年にアルバム『Hummin' Comin' At 'Cha』でデビュー。'90年代のR&Bシーンを牽引してきたガールズ・ユニットの1つとして、今なお多くのファンに愛され続けている。

'98年リリースのアルバム『Traces Of My Lipstick』リリース後に解散していたグループだったが、今年の'17年1月に全米で公開されたNew Editionの伝記ドラマを「The New Edition Story」を見たことがきっかけで、突如リユニオンを発表。しかも、オリジナル・メンバー4人での復活宣言だった。メンバー間の確執によって解散に至った経緯があった為、オリジナル・メンバーでのリユニオンは大きなニュースとして取り上げられた。そんなXscap3は、ブラック・ミュージック最大のフェスとしてられる毎夏の定番イベント「Essence Festival」にも出演し、また年明けの'18年1月までTamar Braxton、Monica、気鋭のガールズ・ユニットJune's Diaryらを迎えた「The Great Xscape Tour」も行なっている。

本EPには、一足先にリリースされたTricky Stewartプロデュースの"Dream Killa"、"Wifed Up"の2曲のシングルを含む全6曲が収録。両シングルには、「ソロでの仕事が忙しい」という理由でKandi Burrussは不参加となったが、その他EP収録曲にも不参加となった。

そんなKandiが、Xscap3の作品への不参加理由を明らかに。「私たちは3枚のプラチナ・アルバムを持っている。今の時代に、昔と同じようなセールスが見込めるとは思わないし、また私たちが同じレベルにいるとは思わない。当時は、Jermaine Dupriというプロデューサーが主導してくれたおかげで、私たちは成功することが出来た。しかし、今の私たちは異なるクリエイティヴなアイデアを持つ4人。グループは大好きだけど、私たちのレガシーを台無しにはしたくないの」と、楽曲不参加の理由を語っている。これらKandiの楽曲不参加を理由に、残りのメンバーでネーミングをXscap3とした。

Xscapeからは正式に脱退?Kandiが、シングル"Fake People"をリリース!!

#rnb #xscap3 #NRI #90S

0回の閲覧
チルアウト・ソング特集
エロい洋楽のPV
お洒落な洋楽特集
ランキングTOP20
"Say So"の人気が爆発
日本のR&B
アップテンポな洋楽
'90年代R&Bの名曲
韓国のR&B
スロウ・バラード特集
Show More

––– 私たちにできること

世界中の素晴らしい音楽を紹介する

​ただそれだけです

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

 © 2020 rnbsource.com All Rights Reserved.