検索
  • R&B SOURCE編集部

Groove Theory▶︎▶︎'90年代R&Bの超名曲"Tell Me"。実はカバー曲だった?

最終更新: 2020年12月31日


Groove Theoryの"Tell Me"には、オリジナルの曲があった?

ソロでも人気を集めた女性シンガー/ソングライターAmel Larrieuxと、エレクトロ・ユニットMantronixのメンバーとしても活動していたプロデューサーBryce Wilsonによって'93年に結成されたGroove Theory。 振り返ってみれば彼らが残したアルバムは'95年発表の『Groove Theory』のみでしたが、このアルバムにあの"Tell Me"が収録されていました。


「教えて、もし私の時間の全てを捧げて欲しいのなら。あなたのような素敵な人に尽くしたいの。


もうあなたしか見えない、あなたが理想の人。だから何でも私に教えて」 片思いの相手に対してこちらの一途な気持ちを伝える、ちょっぴり切ないメロディが印象的なラヴ・ソング。 全米シングル・チャート最高5位を記録した、今なお多くのファンに愛される不滅の'90年代R&Bクラシックですね。


そんなGroove Theoryが歌う"Tell Me"ですが、実はGroove Theoryが歌う前に既に他のアーティストがこの"Tell Me"を歌っていました。


Groove Theory (グルーヴ・セオリー)

Tell Me

Groove Theoryよりも早く"Tell Me"を歌ったのは、R&BグループRhythm N Bass

Groove Theoryが"Tell Me"を発表したのは'95年。


この2年前の'93年に、UKの男性4人組グループRhythm N Bassが"Tell Me (If You Want Me Too)"という名義で、あの"Tell Me"を歌っています。


時系列で見ると「Rhythm N Bassが歌う"Tell Me (If You Want Me Too)"を、後にGroove Theoryが"Tell Me"名義でカヴァーした」という流れになり、Rhythm N Bassの楽曲がオリジナルという事になりそうですが、今回の場合はちょっと事情が異なりそうです。


Rhythm N Bass"Tell Me (If You Want Me Too)"のクレジットを見ると、プロデューサーにBryce Wilsonの名前が記載されており、ソングライターにAmel Stowell, Rhythm N Bass, そしてGroove Theoryの名前が記載されています。


Amel StowellはAmel Larrieuxの本名なので、Rhythm N Bass"Tell Me (If You Want Me Too)"のクレジットにGroove Theoryの2人がしっかりと明記されています。


恐らく、Groove Theoryの2人がRhythm N Bassのメンバーと元々繋がりがあり、Rhythm N Bassに"Tell Me (If You Want Me Too)"として楽曲を提供し、後に作り手であるAmel LarrieuxとBryce WilsonがGroove Theory名義で"Tell Me"として歌い直した、という形になるでしょうか。


ですので、世に早く出た方をオリジナルとするならば、正式にはRhythm N Bassの楽曲がオリジナル・ヴァージョンになるのでしょうが、"Tell Me"といえばやっぱりGroove Theoryの楽曲という認識が強いですよね。


Rhythm N Bass (リズム・アンド・ベース)

Tell Me (If You Want Me Too)



関連記事

'90年代R&Bの超傑作。Groove Theory"Tell Me"のカヴァー/サンプリング曲特集。

「これは懐かしい...」あの'90年代R&Bの名曲を使うアーティスト達。

「Tevin Campbellの"Can We Talk"は俺が歌う曲だった」と、Usherが衝撃の告白。

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

 © 2020 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい