top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Carly Gibert▶︎▶︎Web3時代に生きる、次世代のポップ・スターが目指すスタイル。「ポップすぎず、ハウスすぎず、R&Bすぎず」

更新日:2022年6月11日


Carly Gibert
「ポップすぎず、ハウスすぎず、R&Bすぎず」

仮想通貨やNFT(デジタル上での著作物)といった言葉を耳にする機会が増えていく中、これらのデジタル資産を、利用できるプラットフォーム上に組み込んだ新しいインターネットの形として注目を集める「Web3 (Web3.0)」


Snoop Doggが仮想空間(メタバース)の土地を購入したり、EminemがNFTアートを数千万円で購入するなど、音楽シーン全体もWeb3時代に向けた動きが活発化していく中、[Universal Music Group]はWeb3時代に向けたレーベル[10:22PM]を立ち上げ、このレーベルと契約したのがCarly Gibert。

スペイン出身、現在は米ロサンゼルスを拠点とするCarly Gibertは、4歳の頃にギターを弾き始め、その後父親のYouTubeチャンネルにBeyonceやAdeleのカバー曲を公開し、16歳の時に[10:22PM]と契約したとのこと。


そんな彼女が目指すスタイルは、特定のジャンルを追求するのではなく、広い視野を持って柔軟性を保つことのようで、「Hype Off Life」のインタビューにて自身のこだわりを次のように語っています。


様々なジャンルを聴いていて、それらを自分の音楽に取り入れていきたい。


バランスを見つけることが全てかな、ポップすぎず、ハウスすぎず、R&Bすぎず、全てのジャンルからちょっとずつっていう感じ


今回は、Web3レーベル[10:22PM]と契約したCarly Gibertが歌う、注目の楽曲をピックアップしてみました。

 

1. Game For Two feat. Bootsy Collins

Carly Gibert


2. MTV Cribs

Carly Gibert


3. Lavish

Carly Gibert


4. Interstellar

Carly Gibert



P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page