• R&B SOURCE編集部

Bobby Brown▶︎▶︎テディ&ベイビーフェイス。2人の巨匠が手がけた"Like Bobby"が、とにかくワイルドです。

最終更新: 2020年12月30日


Teddy Riley & Babyfaceの黄金タッグがプロデュース

「第2のJackson 5」を目指し、Johnny Gill, Ralph Tresvantらもメンバーに名を連ねたNew Editionの一員としてデビューしたBobby Brown。


ソロ転向後も"Every Little Step"、"Rock Wit'cha"などのヒット曲を残し、ここ日本でもBobby Brownのファンションなどを真似した「ボビ男」がブームになる程の人気に。


関連記事:「"Every Little Step"の一部は、Ralph Tresvantが歌った」Bobby Brownの元マネージャーが激白。


そんなBobby Brownのシングル"Like Bobby"は、2018年にBETにて放送されたBobby Brownのドキュメンタリー・ドラマ「The Bobby Brown Story」に合わせて発表された楽曲。


"Every Little Step"を手がけたBabyfaceがソングライティングを担当し、"That's The Way Love Is"、"Something In Common"を手がけたTeddy Rileyがプロデュースを担当。


Bobby Brownの成功を支えた2大プロデューサーがバックアップした、R&Bファン歓喜の1曲となりました。


Bobby Brown (ボビー・ブラウン)

Like Bobby

ヒップホップ・ユニットThe Rootsの代表曲をサンプリング

今回の"Like Bobby"は、ヒップホップ・ユニットThe Rootsが'99年に発表したシングル"The Next Movement"のトラックをサンプリングした、ファンク・テイストの強いミッド・トラック。


どちらかというと、プロデュースを請け負ったTeddy Rileyのカラーが強く出た1曲となりましたが、全盛期から公私ともにワイルドな印象を与えてきたBobby Brownらしい力強い1曲となりました。


The Roots (ザ・ルーツ)

The Next Movement

関連記事: あの'90年代HIP HOPをサンプリングした洋楽R&B特集。

Teddy Riley & Babyfaceのタッグが手がけた'90年代R&Bクラシック

R&B黄金期'90年代の中心に位置し、無数のヒット曲を世に送り出し続けたTeddy RileyとBabyfaceの2人ですが、そんな両者が共作で発表した楽曲と言えば、Tony Thompsonのシングル"I Wanna Love Like That"が有名ですね。


Tony Thompsonと言えば、Teddy Rileyプロデュースのシングル"I Like The Way (The Kissing Game)"で知られる'90年代を代表する男性R&Bグループのフロントマンで、Tevin Campbellと並ぶ美声の持ち主で知られる稀代の天才ヴォーカリストでした(2007年に31歳という若さで死去)。


"I Wanna Love Like That"は、Tony Thompson唯一のソロ・アルバム『Sexsational』に収録されたシングル曲で、Hi-Five以上のヒットとまではいかなかったものの、Sean "Puffy Combs", Mary J. Blige, Faith Evans, Al B Sure!, DeVante Swing, Joeなど、当時のトップ・ミュージシャン達が集結したR&B史に残る傑作でした。


Tony Thompson (トニー・トンプソン)

Sexsational



関連記事

"My Prerogative"のレコーディング時、Bobby BrownとTeddy Rileyは「ある事」で揉めていた。

Bobby Brownの名スロウ"Roni"は、Babyfaceのアルバム『Tender Lover』に収録される予定だった。

Bobby Brownの"Rock Wit'cha"は、あのR&Bシンガーに捧げた曲だった。そのお相手は一体誰?

▶︎TOPICS

1
2

▶︎R&B

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

About         Privacy Policy

 © 2021 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい