• R&B SOURCE編集部

「これまでのAz Yetのイメージは取り払ってほしい」R&BグループAz Yetが、B. Sladeプロデュース曲"Kleptomaniac"で新たなスタイルを提唱。

最終更新: 1月20日

'16年に20年振りのアルバム『She's Magic』をリリースしたAz Yet。『She's Magic』リリース時からメンバー・チェンジを経て、またグループは新たなスタートを切りました。

"Last Night"、"Hard to Say I'm Sorry"などのシングル曲をヒットさせたR&BグループAz Yetが、シングル"Kleptomaniac"をリリース。

Boyz Ⅱ Menの前身グループUnique Attractionのメンバーとして活動していたMarc Nelsonが在籍していたグループとして知られるAz Yetは、Babyfaceらのバックアップを受けて[LaFace Records]から'96年にアルバム『Az Yet』でデビュー。記述のシングル曲が2曲共に全米シングル・チャート・トップ10入りを果たし、「第2のBoyz Ⅱ Men」を狙うグループとしてR&Bファン達の間で大きな注目を集めました。

しかし、当初期待されていた以上の結果を残せず、またMarc Nelsonのグループ脱退など度重なるメンバー・チェンジもありデビュー以降グループの勢いは失速。'00年代に突入後もコンスタントに作品のリリースを重ねたもののヒットには恵まれませんでしたが、グループの要でもあったMarc Nelsonがグループに復帰し、'16年に実に20年振りとなるセカンド・アルバム『She's Magic』をリリース。ファンはAz Yetの復活を大いに喜びました。

今回リリースされたシングルは、『She's Magic』のリリース以来となる約3年振りのシングル。『She's Magic』のリリース時とまたメンバー変更があり、現メンバーはDion Allen, Kenneth Terry Jr., Dyshon Benson, Claude Thomas Jr., Parrice Smithの5人。グループ結成時と同じ5人体制に戻り、結成当初からのメンバーはDion Allen, Kenneth Terry Jr.の2人で、Parrice Smithは'18年からグループに加わった新メンバーとのことです。

このシングルは、『She's Magic』をリリースした'16年に制作をスタートさせていた楽曲とのことで、3年がかりでようやくトラックが完成したとのこと。プロデュースを担当するのは、Shanice"We Can Fly"、Faith Evans"Paradise"などにも参加していたシンガー/ソングライター/ラッパーのB. Slade。

メンバーは「Az Yetの強みは、Marc Nelson, Shawn RiveraらのヴォーカルをBabyfaceのプロダクションによって強化された柔軟なボーカル・リフだった。しかし、新たなAz Yetにそれらの要素はないから、ファンにとっては難しいかもしれないけどこれまでのAz Yetのイメージは取り払ってほしい。B. Sladeが作った今回のサウンドは、ピアノとシンセのビットがDarkchildのようだろ」と語っています。

ちなみに、今回のシングルは今後リリースを予定しているグループ通算3枚目のスタジオ・アルバムからの先行シングルの模様で、少なくともアルバムのリリースまでに3曲のシングルはリリースするとのこと。アルバムのリリース時期こそ未定のようですが、すでに様々なプロデューサー達とスタジオ入りしているそうで、その中にはNe-Yoの名前も。

▶︎▶︎今回のシングルの 試聴 & 購入 はこちらから

【リリース情報】

Az Yet (アズ・イェット) / Kleptomaniac


リリース: 2019.7.3

℗2019 Az Yet Records


トラックリスト

1. Kleptomaniac

☑️この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Az Yet待望の復活アルバム『She's Magic』には、グループの代表曲"Last Night"のセルフ・カヴァーも収録!

▶︎Az Yetをおさえ、<MOBO Awards>にて初代「BEST NEWCOMER」を受賞したUK R&Bシーン史上最も期待値の高かったR&Bグループ!お蔵入りした幻のアルバムが全世界初リリース!

148回の閲覧

今週の人気記事

Freak Meネタ
恩師はMJ
NJS新時代
平日予約は半額
SNSでRTの嵐
気分はリョータ
MJの隠し子?
Aaliyahネタ
90's カヴァー集
娘に捧げた曲
Show More

最新の記事

​​私達にできることは、

世界中の素晴らしい音楽を紹介する。

​ただそれだけです。

rnb source.png

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

 © 2020 rnbsource.com All Rights Reserved.