top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Alina Baraz▶︎▶︎「この作品で癒しを得たかった」6LACK, Khalid, Nasらが参加したデビュー作『It Was Divine』


「この作品で癒しを得たかった」

Apple Musicにこの作品で癒しを得たかったと語ったAlina Baraz。


Alina Barazのデビュー・アルバムとなった『It Was Divine』には、これまで度々共演してきたAlina Barazの同志であるKhalidや、歌い始めた時から共演を熱望していたラッパーのNas, そして6LACKといったビッグ・ネーム達が参加。


Alina Barazのスタイルはエレクトロニカとアンビエントの要素を盛り込んだ艶美で静寂なサウンドが特徴で、Sabrina Claudio『About Time』、Jhene Aiko『Chilombo』辺りと相性が良さそうな今回のアルバム『It Was Divine』


シングル・リリースされた"Frank"、"Endlessly"を筆頭に、息をのむ美しさのアンビエントR&Bの世界がアルバム中を包み込んでいます。


It Was Divine

Alina Baraz

神童Khalidと度々共演する超実力派Alina Baraz

'93年9月24日生まれ、米オハイオ州クリーブランドでロシア人の両親に元に生まれたAlina Baraz。


幼少期はクラシック音楽を聴きながら育てられ、物心がついた時にはAmy Winehouse, Adele, Corinne Bailey Raeらの楽曲を好んで聴いていたとのことでクワイアで歌い始めたことがきっかけでプロ・シンガーになることを決意し、19歳のときに米ロサンゼルスに移住。


ちなみに『It Was Divine』に収録された"Until I Met You"は、Alina Barazが憧れたAmy Winehouseからの影響を強く受けた楽曲のようで、生前のAmy Winehouseと共演していたラッパーNasを迎えられたことは、Alina Barazにとってもパーフェクトな演出とのこと。


Until I Met You feat. Nas

Alina Baraz

ロサンゼルスに移住後、Facebookを通じて知り合ったデンマーク人のプロデューサーGalimatiasと共に制作をスタートし、Galimatiasと共同名義で『Urban Flora』を発表。


当初はSoundCloudでのみ公開されていた作品でしたが、2015年に商業リリースされ、この作品が全米アルバム・チャート最高111位を記録し上々のスタート。


『Urban Flora』での成功を機に、主にロック系アーティストを抱えるインディーズ・レーベル[Mom+Pop]と契約。


[Mom+Pop]から最初に発表されたシングルが2017年リリースの"Electric"で、この曲でいきなりKhalidを迎えたAlina Baraz。


翌2018年4月にソロ・デビューEP『The Color of You』を発表し、この作品にはKhalidを迎えたシングル曲"Electric"を含む全9曲が収録され、ダウンテンポのエレクトロニカ"Floating"にもKhalidが参加し、1つの作品に人気者Khalidを2度も起用してしまうという大胆さ。


『The Color of You』は、全米アルバム・チャー最高59位を記録しました。


The Color of You

Alina Baraz

"Location"、"Talk"をヒットさせ、若手R&Bシンガーの台頭としてR&B新時代をリードするKhalid。


Alina Barazは、度々共演するKhalidを今まで出会った人の中でも好きな人の1人。私達は何度も一緒に取り組んでいたから、何もしなくても息はぴったりなのと相性の良さを絶賛し、今回のアルバム『It Was Divine』に収録された美しきアンビエントR&B"Off the Grid"にもKhalidが参加。


過去のKhalidとのコラボレーション曲と比較しても見劣りしないどころか、過去最高傑作と呼べる完成度でした。


Off The Grid feat. Khalid

Alina Baraz


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page