top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Brandy▶︎▶︎完成前の"Never Givin' Up"を聴いて涙していたブランディ。


aaliyah brandy never givin up
完成前の"Never Givin' Up"を聴いて涙したBrandy

これまでデジタルで解放されていなかったAaliyahのセカンド・アルバム『One in a Million』が2021年にデジタルでストリーミングが開始され、再びそのキャリアにスポットが当たったAaliyah。


そんな『One in a Million』に収録された"Never Givin' Up"を手がけたプロデューサーのCraig Kingが、制作時のエピソードを「VIBE」の記事に次のように語っています。


ロサンゼルスで"Never Givin’ Up"をミックスしていたとき、BrandyとWanya(Boyz Ⅱ Men)に出くわしたんだ。


彼らは『ここで何をしているの?』と尋ねてきて、『近くのスタジオでAaliyahの曲をミキシングしている』と言った。


彼らはスタジオにやって来て、Brandyは『Aaliyahは今何に取り組んでいるの?聴きたい」と言ってきた。


"Never Givin’ Up"を聴かせたら、Brandyの目が潤んだよ。


そしてBrandyはこう言った。


『彼女は破壊的に凄い作品を作った、これがAaliyahの新しいサウンド?』


そして俺は『そうだよ、これがAaliyahの向かう場所だよ』と答えた。


その日の夜、『BrandyとWanyaがスタジオに来て、彼らは"Never Givin' Up"をとても気に入っていた』と、Aaliyahに電話したんだ


Aaliyah

Never Givin' Up feat. Tavarius Polk



Aaliyahに憧れていたBrandy

'79年1月16日生まれのAaliyah, そして同年の'79年2月11日生まれのBrandy。


Aaliyahのデビュー・アルバム『Age Ain't Nothing But a Number』のリリースが'94年5月24日、Brandyのデビュー・アルバム『Brandy』のリリースが'94年9月27日と、生まれもデビューもほぼ同じ時期だったAaliyahとBrandy。


しかし、Brandyは少しデビューが早かったAaliyahを大いに尊敬していたようで、Brandyは「Soul Train Awards」のリハーサルで初めてAaliyahに会った時、あまりの嬉しさにAaliyahに抱きついてしまったほど。


そんなBrandyは、Aaliyahがボーカルで参加していたTimbaland & Magoo"Up Jumps Da Boogie feat. Aaliyah, Missy Elliott"をサンプリングした"Turn It Up"を2004年に発表し、またBrandyの実娘Sy'raiのデビュー曲もAaliyah"At Your Best (You Are Love)"のリメイクだったりと、Aaliyahの亡き後も彼女へのリスペクトを続けています。


Sy'rai

At Your Best



P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page