• R&B SOURCE編集部

極上New Jack Swing"Tell Me What to Do"収録!オーストラリアのメロディ・メイカーJae.Tのアルバム『Virtual Reality』が素晴らしかった。

最終更新: 4月11日

卓越したメロディ・センスで、次々とハイクオリティの楽曲を発表し続けるオーストラリアのクリエイターJae.T。ニュー・ジャック・スウィングをオマージュした"Tell Me What to Do"を筆頭に、最高のR&Bトラックが詰め込まれた快作を完成。

リリース情報

Jae.T (ジェイ・T)

『Virtual Reality』


リリース: 2019.11.20

℗2019 Jae.T

オーストラリアのブリスベン出身。まるでEric Bellingerを思わせる掴みの良いキャッチーなテイストと、R&Bリスナーを釘付けにするメロディックなサウンドで、南半球のR&Bシーンを盛り上げてきた若きクリエイターJae.T。今回のアルバムは、2018年にリリースされた『Player』に次ぐJae-Tのセカンド・アルバムとなりました。


精力的にシングル・リリースを重ねるJae.Tですが、今回のアルバムからシングル・カットされた楽曲は、絶妙なポップ感を表現した夏向けのパーティー・トラック"Energy"、"'90年代のBabyfaceを思わせるラヴ・バラード"Promise Me"、東洋的な雰囲気を漂わせたスウィートR&B"Like Yeah"の3曲。今年シングル・リリースされた"Gonna Do"、"Lil Thang"、"Things You Do"は今回のアルバムには未収録となりました。


近未来的なテイストが心地よい表題曲のスムース・ミッド"Virtual Reality"でアルバムは幕開け、アルバム序盤から耳に心地良いJae.T渾身のメロウ・トラックがラインナップされていますが、ニュー・ジャック・スウィングをオマージュしたスムース・トラック"Tell Me What to Do"は今回のアルバムのハイライト曲とも言える1曲ではないでしょうか。Bell Biv Deoveの代表曲"Poison"のドラム・ビートを頭からサンプリングし、ニュー・ジャック・スウィングの空気感を完全再現した正に全ニュー・ジャック・スウィング・ファン必聴の1曲が誕生しました。


Janet Jackson"All For You"の元ネタであるChange"The Glow of Love"のピアノのメロディを借用し、Kevin Lyttle"Turn Me On"を思わせる"Dms feat. Mimi"や、アルバムのラストに収録された流れるようなメロディ・ラインに吸い込まれるミドル・トラック"Miss Somebody"もオススメです。


関連記事: 天性のメロディ・メイカー!Jae.Tのオススメ曲特集。

トラックリスト

1. Virtual Reality**

2. Energy**

3. Promise Me**

4. Wasted Time

5. Tell Me What to Do**

6. Ly Interlude

7. Like Yeah**

8. Love It

9. Dms feat, Mimi**

10. Miss Somebody**

**オススメ曲


118回の閲覧

今週の人気記事

Freak Meネタ
恩師はMJ
NJS新時代
平日予約は半額
SNSでRTの嵐
気分はリョータ
MJの隠し子?
Aaliyahネタ
90's カヴァー集
娘に捧げた曲
Show More

最新の記事

​​私達にできることは、

世界中の素晴らしい音楽を紹介する。

​ただそれだけです。

rnb source.png

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

 © 2020 rnbsource.com All Rights Reserved.