top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Jade▶︎▶︎"Don't Walk Away"で知られる彼女達は、即席で作られたセッション・グループだった。


jade R&B
Jadeは、即席で作られたセッション・グループだった

全米シングル・チャート最高4位を記録した"Don't Walk Away"は、Jadeが残した不滅の'90年代R&Bクラシック。


Don't Walk Away

Jade

SWV, TLC, En Vogueらと共に'90年代のR&Bシーンを大いに彩った彼女達ですが、実はレコード会社によって即席で作られたセッション・グループでした。


彼女達のデビュー・シングルは、ラップ・デュオKid N' Playが出演したコメディ映画「Class Act」のサウンドトラックにも収録された"I Wanna Love You"で、この曲をレコーディングした時は、3人共初対面でお互いのことを全く知らなかったとのこと。


I Wanna Love You

Jade

結果的にJadeのメンバーとして活動することになったJoi Marshall, Tonya Kelly, Di Reedの3人は、彼女達が所属していた[Giant Records]のCassandra Millsが選んだ人選とのこと。


Cassandra Millsは、Guy, Troop, Johnny Gill, Keith Sweatらが参加した映画「New Jack City」のサウンドドラックのエグゼクティブ・プロデューサーを担当した人物で、同サウンドトラックの中で最も好調なチャート・アクションを記録したColor Me Badd"I Wanna Sex You Up"を、女性版の解釈で打ち出したのがJadeの"I Wanna Love You"でした。


確かに"I Wanna Sex You Up"と"I Wanna Love You"の2曲は、雰囲気が似ていますよね。


I Wanna Sex You Up

Color Me Badd

全米シングル・チャート最高2位を記録した"I Wanna Sex You Up"とまではいきませんでしたが、"I Wanna Love You"は同チャートにて最高16位を記録し、Jadeは上々のデビュー。


しかし、Jadeは即席で作られ、見切り発車してしまったグループだったゆえに、"I Wanna Love You"のヒットを受けて急遽デビュー・アルバムを制作し、"Don't Walk Away"などを収録したデビュー・アルバム『Jade to the Max』は、約2ヶ月半でレコーディングを終えたとのこと。


ちなみに、グループは元々はJADという名義だったそうで、後にJadeとグループ名が変更になったそうです。


Jade to the Max

Jade



2014年にシングル"Baby Luv"をリリースし、R&Bシーンに帰ってきたJade

'92年にデビュー・アルバム『Jade to the Max』をリリースし、'94年にセカンド・アルバム『Mind, Body & Song』をリリースした後に、グループの活動は縮小。


Jade名義でリリースされた最後のシングルは、サウンドトラック『The 6th Man』に収録された'97年リリースの"Keep on Risin' feat. Lil' Rachett & Vaz"でしたが、2014年に約17年ぶりとなる復活シングル"Babu Luv"を突如発表。


Di Reedがメンバーから脱退しましたが、新メンバーMyracle Hollowayが加わり、プロデュースはPortraitのMichael Angelo Saulsberrが担当しています。


Baby Luv

Jade


Jadeの関連記事



Σχόλια


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page